So-net無料ブログ作成
検索選択

就労ビザ更新の悲劇~AEP(就労許可証)編 [南の島の暮らし]

               

私は(これでも)日本人なので、ここフィリピンでは外国人。と言うわけで就労するには就労ビザと就労許可証が必要なわけです。ビザは入国管理局、就労許可証は労働省の管轄で、両方そろっていなければ滞在して働くことはできません。でも実際、きちんとこれらを取得して働いている外国人がどのくらいいるのかは疑問。半年や一年くらいの滞在なら、ビザが降りる前に帰国ということになってしまうので観光ビザで不法就労している外国人はたくさんいるようです。

実は私、会社を興してすぐに同業の日本人からNBI(国家捜査局)へ「不法就労、不法滞在、無許可営業」だと密告された経験があります(通報者の秘密厳守は基本でしょうが、なぜかこの時は知ることが出来ました。この話はまた後日)。全ての書類がそろってからの営業開始だったため何の罪にも問われず、捜査員は空振りで帰っていきましたが...。さて、今回は2度目の更新でしろ~君も一緒に更新です。ビザの切れる一ヶ月前から労働省へ行き、AEP(外国人労働許可証)の更新です。このAEPがないと、就労ビザを申請することができないからなのです。申請書類を見て、パソコンでデータを検索した係官が一言

「あなただけマニラへ行って」

と。

私 「へ?なんでですか?私セブに住んでいるんですが...」

係「だって、あなたのデータ、パソコンに入ってないから。これ、マニラで申請したでしょ?」

私「いいえ、二人ともセブです。」

係「セブなら、ここにデータ入ってるはずなの、でもあなたのだけないの、だからマニラで申請したってことなの、だからマニラ行って。」

私「でも、確かにセブで申請して、セブ発行になってますけど...許可証番号も二人続き番号ですし...」

係「とにかく、パソコンにデータないから更新できないの!もしAEPがほしいなら更新じゃなくて再申請して。わかった?!」

私「じゃあどうしてこのAEP発行されたんですか?」

係「私は書類を受け付ける係で、発行する係じゃないから知らないの!」

こんな時、絶対逆上してはいけません。とりあえず今度は発行する係のところへ行きました。

私「AEPの更新に来たんですが、私だけパソコンに前回のデータがなくて受け付けてもらえないんです」

係「でも、発行されてるじゃない、ここで。」

私「そうなんですけど、データがないといって更新は出来ないからマニラへ行くか再申請といわれてるんです。」

係「ここで発行されてるんだから、更新できるでしょ」

私「そうだと思うので、受付の人に話してもらえませんか?」

係「私は発行する係だから、受け付けてない書類に対してAEP発行することはできないんだよね~」

わかりました、もういいです。再申請します。ってことで再申請の書類を作り直して翌日持って行きました。念のため更新の書類も一緒に。すると、昨日の受付の人

「前にAEP発行されてるんだから、再申請じゃなくて更新でしょ、この書類は受け付けられないの」

私「あの...昨日はパソコンにデータがないから更新できないってあなたにいわれて、それで再申請の書類作ってきたんですが。」

係「だって、一度許可出てるんだから、更新に決まってるじゃない」

だから、更新の書類最初に持ってきたじゃないですか...ふぅ。

とりあえずどっちでもいいように更新と再申請の書類を両方渡すので、使えるほうを使ってください、と頼み、その場を後にしました。

後日わかったことなのですが、一番最初に発行されたAEP、なぜか私の国籍が「フィリピン」と書かれて発行されていたのです。発行されてすぐ、間違いということで訂正して、再発行してもらったのですが(むこうの間違いなのに、再発行手数料を取られました)本来フィリピン人なら自国での就労は許可はいりません。なのでデータが抹殺されていたようです。ちなみに、運転免許証も仮免の時は国籍がなぜかフィリピンになってました...。そんなにフィリピン顔かなぁ。

...っていうよりも、AEPを申請している時点で国籍がフィリピンになっていたら何かの間違いでは、と疑ってかかったり、追跡調査したり、問い合わせしたりしないんでしょうか...。う~ん、しないでしょうねお国柄(と自分で突っ込み)。

なにはともあれ、更新完了。ところがAEPの更新がすんだのはすでにビザの切れる2日前。間にあうかビザ?!

というわけで、就労ビザ更新の悲劇~9G(就労ビザ)編に続く...。

 

 


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 9

富嶽庵

やられましたね。ミスがあっても自分のミスと認めず、当然謝らない。振り回されますね。もっとも、最近の某事件の証人喚問を見ると、日本人も50歩100歩かな、と。
by 富嶽庵 (2005-12-28 12:27) 

邪悪店長taka

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
気温差40度の札幌は寒いです。

何事も窮屈な日本は嫌だなと思いますが、どっちがいいのでしょうか?
遊ぶならいいのでしょうが、仕事するとなるとフィリピンの国民性は日本人には合わないのでしょうか?_
by 邪悪店長taka (2006-01-01 21:20) 

orchidvillage

何となく笑ってしまいました。
この国では本当に良くあることです。(笑)
私は何時も「馬っ鹿じゃないの」一人で呟いてます。

明けましておめでとう御座います。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
by orchidvillage (2006-01-05 14:15) 

pot

明けましておめでとうございます♪
大変でしたね~・・日本の感覚ではダメなのですね~・・
ビザは間に合ったのでしょうか?
お正月は、楽しく過ごせましたか?
今年もどうぞよろしくお願いします(〃⌒ー⌒〃)
by pot (2006-01-06 13:37) 

どさんこ

セシリアさん、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
縦割りお役所の典型みたいな応対ですね。
気長な性格でないと、生きていけないような・・・、そんな気がしました。
by どさんこ (2006-01-10 12:51) 

せしりあ

富嶽庵 様
大抵のことには慣れたので、腹も立たなくなりました。というよりそれを受け入れてしまって“そうですか”と納得できるようになっている自分が怖いです(笑)。

邪悪店長taka 様
今年もよろしくお願いいたします。
フィリピンの人相手に彼らの価値観で仕事をすればいいのでしょうね。日本のものさしを持ってきて計ろうとすると、ストレスが溜まるでしょう。現在私の悩みはフィリピン人スタッフと日本人のお客様のギャップをいかに狭めることが出来るかということを考えるあまり胃が痛くなることです(苦笑)。雨降りや渋滞が遅刻や欠勤の正当な理由になるこの島ですから!

orchidvillage様
ほんとにそうですね。何事もバハラナで行かないと寿命が短くなってしまいます。今年は是非セブへお越しくださいね。
by せしりあ (2006-01-10 22:52) 

せしりあ

pot様
こちらこそよろしくお願いいたします。
続きは後日また書かせていただきますね。
お正月は...いつがお正月だったのかわからないくらいでした。
日本のように便利な国は魅力的ですが、人間と人間のふれあいはこちらのほうがずっと魅力的ですよ。私はここで暮らしているのが性に合っているようです。

どさんこ様
私は瞬間湯沸かし器の異名をとるほどの短気でしたが、こちらで暮らしていたら薬缶のお湯沸しくらいになりました。日本にはない人々の心からの笑顔に出会えるから、日本に帰りたいと思わないのかもしれません。
by せしりあ (2006-01-10 22:57) 

Lionbass

私(Lionbass)のブログへの書き込みありがとうございました。
そちらでも書きましたが、私はエジプトと中国に住んでいましたので、ご体験されたような役人の「非効率」ぶりは、何度もやられました。
中国など、日本を含めた世界中の「官僚主義」の源(みなもと)ではないか、とさえ思っています。
これからもよろしくお願いします。
by Lionbass (2006-01-16 13:35) 

せしりあ

Lionbass様
こちらこそよろしくお願いいたします。
一段落したら、ビザ取得の悲劇も書きたいと思っています。
by せしりあ (2006-01-24 00:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。